友だち追加

会社の過去、現在、未来 > これからのハロネット

前の質問へ

Q

何を目指しているの?

A

目指すのは、世界に向けた商品作り。

ハロネットが今後、目指しているのは、あくまで世界。
現在の日本と世界の状況から、日本の市場だけでなく、世界基準の商品作りをしていかなければ戦えません。
その第一歩としてアプリ事業を立ち上げました。
今後まだまだ伸びるであろうアプリ開発に力を入れ、若者にどんどんアイデアを出してもらい、
100万人以上が使うようなアプリ、「Made in HELLONET」を作りたいと思っています。

Q

社長の野望って何?

A

一代で築いた会社で、世の中を変える。

社長が尊敬しているのは、ソフトバンクの孫正義さん。
彼に少しでも近づくために、自分が何を勉強しなければならないのか、
どのような挑戦をしなくてはならないのか、ということを常に考えているそうです。
孫正義さんが国が絡む「通信」という分野に真っ向から勝負し、世の中を変えたように。
ハロネットも、目先の小さな成功で満足することなく、そういう影響力を持った会社作りを目指しています。

Q

今後の具体的なビジョンは?

A

さらなるステージに立つべく、これからも、挑戦し続けていきます。

まずは、既存のZONEの事業を拡大していきます。

それに伴って、本社のみならず、各支店から責任者を多数輩出し、積極的に拠点を展開していく予定です。
グループ企業のスタイル・フリーでは、2015年6月にスタートした、システムインテグレーションをさらに大きく進めていきます。
さらには、自社内でのWebアプリ・システム開発部隊が新たなコンテンツの開発を進めております。
そして、2018年の上場。
さらなるステージに立つべく、これからも、挑戦し続けていきます。

次の質問へ