SPECIAL INTARVIEW

スペシャルインタビュー

WEBコンサルタント/サブマネージャー

古川 達也

Furukawa Tatsuya

NEWS

一覧を見る

入社後、大変だったことを教えてください。

サブマネージャーになって、中々課の数字が上手く上がらなかった時は大変だなと思いました。
その中で上手くいかない要因を見つけ、改善策を見つけて、上手く数字が上がった時は、そういう大変な状況も意味があったなと感じています。

入社して最初の頃、上手くいかない、売れなくて悩んだりする人が多いと感じますが、
僕が一般社員の頃、売れなくても、売れるように色々なサポートをしてくれた上司がいて、全く大変だったことはなかったです。
結論あんまり大変だとは思ってないです。

ハロネットの魅力は何だと思いますか?

新人、新卒、既存社員関係なく結果を評価する制度と社員がそういう思考を持っていることが魅力だと思います。
平等に評価されることでの不平等もあると思いますが、己の力、結果だけで自身のスキル、
市場価値、給与などを上げていきたいと考えているのであれば十分な環境が揃っています。
全員が自分の成長にベクトルを向けている為、人間関係で悩むこともないですね。

記憶に残っている、お客様とのエピソードを教えてください。

まだ新人の頃に、山口県の和菓子屋さんに営業でお伺いしました。
提案させて頂きましたが、翌日他社が提案に来るということで返事待ちの状態に。
そして翌々日にお客様から、『古川さんにお願いします』とご連絡をいただき、再度お伺いしてご契約頂きました。

何でハロネットだったんですか?とお聞きするとお客様から『提案は他社の方のほうがよかった。けど古川さんに任せたいと思った』と言って頂きました。
提案は、、、というオチがついても素直に嬉しいお言葉でした。
このお客様とは今も連絡を取りますが、あの時の言葉が今も僕の原動力になっています。

MEMBERS INTERVIEW 社員インタビュー

「自分の成果が報酬として、目に見えて反映される」

「ハロネットの環境が、人を良くしていると思う」

「大事なのは、自分がどこまでやるか」

「ズバ抜けて感じた、向上心・働き甲斐・輝く環境」

「能動的にアクションできる環境が楽しい」

「何事にも+αの工夫と努力で」

「求めていた、完全実力主義がここにある」

「お客様のあの言葉が、今も僕の原動力」

「他責思考では無く、常に自責思考」

「経営に一番近い場所で働きたい」

「社内外のサポート役として」

「壁を乗り越えるからこそ、次のステージがある」

「カッコいいセールスパーソンになる」

「”今”のほうが何倍も人生が楽しく充実している」

「何よりもユーザー目線で」

「人生の一番大事な時期をこの会社で過ごしてみたい」

「頂上からの景色を見るために」

「マネジメント、 教育など日々勉強」

「お客様の要望を叶え、喜んでもらうために」

「さらなる高みを目指して」

「成長し続け、イノベーションを巻き起こす」

「常に有言実行。飛躍のステージを突き進む」

「プロ意識を持って、仲間と共に上を目指す」

HELLONET SENPAI FINDER - 「ひと」と「ひと」をつなぎたい

気になるキーワードをクリックするだけで
あなたマッチしている先輩社員が見つかります

LET’S WORK TOGETHER!